• 福井で唯一の英国オーラソーマ資格取得講座やシータヒーリングセミナーを開催しているアークエンジェルです。リコネクションやヒプノセラピーなどのヒーリングで心の悩みや癒しをサポートさせていただいています。

昨日は、「フラワーエッセンス」は気分が落ち込んでいるとき、こころが穏やかになりたいときに有用性がある。

ということを書きました。

「フラワーエッセンス」はなぜそのように心や感情に働きかけるのでしょうか・・・。

ゲノムプロジェクトというDNAの研究によると、例えば福井の花である水仙。 このお花のDNAは、私達人間のDNAと38%同じだ、というデータがあるそうです。 ちなみに動物のチンパンジーは、98%同じだそうです。あと、みなさんがよく食べるバナナ、バナナはなんと50%同じだそうです。

お花が私達人間のDNAと40%ほども同じ・・・ということは、「似たものが似たものを癒す」ということもありえる可能性がありますよね。

フラワーエッセンスは例えば口に入れたりもしますが、その場合、サプリメントみたいに飲んでお腹あたりで吸収されていくのではありません。

昨日書きましたが、、物理的な成分は何もほとんとありません。

口に入れたあと、その花のエネルギーが、わたしたちのチャクラ・オーラに働きかけていきます。その時にオーラにとどまっていた過去の感情(怒り・憎しみ・悲しみ・トラウマ的なもの)が、花のエネルギーによって解放されていきます。「似たものが似たものを癒す」ことがおきてきます。

フラワーエッセンスを使っていく場合、今の自分に合わないものを飲んでも特に何も大変なことにはなりませんが、そのかわり、良い変化もおきないこともあります。今の自分の状態に合った、自分のテーマに合ったエッセンスを取り入れることで、何かそのことに対して良い実感があることが多いです。

 

とうとう梅雨に入ったようですね。

なんとか乗り切って、夏を迎えたいですね!