• 福井で唯一の英国オーラソーマ資格取得講座やシータヒーリングセミナーを開催しているアークエンジェルです。リコネクションやヒプノセラピーなどのヒーリングで心の悩みや癒しをサポートさせていただいています。

この2~3日の話なのですが、ヒプノセラピー(催眠療法)を受けた方たちの状況が、

とても興味深く感じています。

 

催眠状態の中で、オーラソーマの創始者 ヴィッキー・ウォールに会ってメッセージをもらったり、自分に必要なカラーボトルが出てくるのです。

 

私がやっているヒプノセラピーの場合、過去生退行・いわゆる前世療法として誘導していくと

殆どの場合、催眠状態の中で何か肉体を持たない存在と会うことができ、メッセージをもらったりアドバイスを受けたり

しています。

肉体を持たない存在とは、「その方をサポートしている存在」のことで、いろんな言い方があります。

神様、ガイド、守護霊、ご先祖、大いなる宇宙・・・・・

とにかく、そんな存在の方々が登場してきてその方になんらかのアドバイスをしたり、質問に答えてくれたりします。

 

この13年ヒプノセラピーをしてきましたが、たいがいの場合こういった方々がでてくるのですが、たいてい

セッションの後半10分ぐらいのところででてきます。(そうじゃない場合もありますが・・・)

ですが、6月ぐらいからの話ですが、誘導して催眠状態に入るとかなり早くにそういった存在が出てきて

その方とその存在との会話が始まる・・・といったことが起きています。

しかも、かなりな情報量なんです。

それだけでも驚いていたのですが、

この2~3日、なんとヴィッキーが出てきて、色んなお話をしてくださいます。※もちろんこれが本当にヴィッキーの意識体かどうかはわかりません

 

オーラソーマのボトルも番号とともに、出てきたりもします。

本人はそのボトルのことや番号のことも知らないのに、出てくるのです。

 

受けられた方は、「聞きたい事も聞けてすっきりした~!」といって帰られます。

 

守護してくれている存在たちのサポートが強くなっている、そして何かが動いてきている・・・そんな感じがしているのです。

なぜこんなにも多くのメッセージを与えたいのだろうか・・・

今後のヒプノセラピーを受けられる方の体験が楽しみでもあります。