• 福井で唯一の英国オーラソーマ資格取得講座やシータヒーリングセミナーを開催しているアークエンジェルです。リコネクションやヒプノセラピーなどのヒーリングで心の悩みや癒しをサポートさせていただいています。
敦賀市 ミライエ
敦賀市 ミライエ

【各色にはそれぞれ質がある】

日常、色はあふれています。
洋服、メイク、部屋のカーテン・・・。

色にはそれぞれ質というか意味合いがあるといわれています。

たとえば青という色の質

 

オーラソーマにおける青のキーワード】

平和な感覚、おだやかさ、自己表現、コミュニケーション
信頼 言いたいこと、伝えたいことを伝える
人や物を育てる質等があります。

 

心が静かになりたい時
日常に追われて自分の気持ちがわからない時
もっと言葉を通してコミュニケーションをとりたい時

ブルー(青)は助けになります。

洋服やお部屋に飾るお花、小物等にブルーを取り入れるとよいかもしれませんね。

 

オーラ写真などで青いオーラの方は・・・】

精神的に穏やかさがある、自分を表現したい、人の助け・役に立ちたいと思っている、
人と関わりあいたい
そんな思いや質を持った方である可能性があります。

この15年ほどたくさんの方のオーラ写真をみてきましたが、
青のオーラの方は人のお世話をする仕事(福祉、幼稚園、先生など)についている方が多かったり
「人の役に立つことがしたい、」と思っている方が多い印象でした。

チャクラでは、青はのどのチャクラとのつながりがあります。
のどのチャクラと関連している体の部は、のど、扁桃腺、気管支、甲状腺など
といわれています。

 

【それぞれの色には波長(エネルギー)がある】

赤~紫(虹の色)にはそれぞれ色によって波長や周波数が違うといわれています。
私たちの体も、体の場所によってそれぞれ色(波長・周波数)があるといわれています。

青が気になるときは、青に関連する体の領域やこころがその波長や周波数を必要としているときかもしれません。

img_3082-2p

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【食べ物で色を取り入れる】

「色を食事で取り入れる法」としてガブリエル・コスンス氏が考案しました。
ガブリエル氏は著書の中で、このように述べています。

食物は固形の形をした光エネルギーである。

食べ物は一つひとつ色が違い、その色にはきちんと意味がある。
たとえば赤い色をした食べ物には、私たちにエネルギーや元気をくれる。

食べ物の色で、その食べ物に含まれるエネルギーがわかる。
私たちは無意識のうちに体が欲しがっている食品を選んでおり、
青物野菜(緑の野菜)を食べたいと思うときは、そこに含まれるクロロフィル(細胞の成長をうながす栄養素)が必要なときであり、
赤いフルーツを食べたいときはビタミンCが必要なときだ。
と述べています。

ガブリエル氏は、1日の始まりから終わりにかけて、チャクラ(第1~第7)の色(赤~紫)と同じように、
食物の色を体に取り入れることはチャクラを活性化すると述べています。

朝は赤と黄色の食べ物

赤や黄色、オレンジ色の食べ物、たとえばフルーツ など

昼は黄色と緑の食べ物
緑黄色野菜など黄色や緑の食べ物。サラダや柑橘系のフルーツ、かぼちゃ、卵など。

夜は紫と白の食べ物
落ち着いた色合いの食材、豆腐など。
※加工食品やインスタント食品ではなく、太陽の光を浴びて育った食物がよいといわれています。

 

私たちが日常なんらかの色が気になるとき、なんらかの食べ物がほしくなるとき
それは体や心のメッセージかもしれませんね。

その「色」を洋服や小物、部屋に飾るお花で取り入れたり、食べ物で取り入れたり、これなら日常簡単にできますね。